忍者ブログ

ダイエット 運動 メニュー

ダイエット中の運動メニューについて。決め方や効率の良い運動のポイントなど、上手く運動してダイエットをスムーズに行っていきましょう。

ダイエット 運動 時間

ダイエットの運動をするのであれば、効果がある時間帯がありますので意識してみるのもいいかもしれないですね。

●朝起きてから、朝食の前までの時間帯
朝起きて、1時間後くらいから交感神経に切り替わっていくので、このタイミングで運動をしていくのは、ダイエットに繋げていきやすいと言われています。
朝食前の運動になりますので、カロリー消費もしやすいですから、軽い運動をしてみてもいいですね。

ただ、朝起きたばかりは、体が解れていない状態ですから、激しい運動は怪我に繋がります。
ウォーキングやストレッチなどの、軽い運動からにしておいた方がいいですよ。

●夕方16時以降の時間帯
夕方になってくると、体温が高くなってくるので、運動をするのに最適だと言われています。
交感神経も上がってきていますし、夕食前であれば、朝食前同様カロリー消費を行いやすいです。
昼間の活動のおかげで体が解れていますし、運動、筋トレに適しています。

また、夕方になってくると、成長ホルモンという体脂肪を分解するホルモンの分泌が促されるそうです。
これは筋トレを行っても分泌されるそうなので、夕方はストレッチ→筋トレ→ストレッチ→有酸素運動の順番で運動をしていくと、効率よく脂肪を燃やしていくことが出来ますよ。

どちらの時間もやっていくのは難しい人は多いと思います。
特に夕方は仕事をしている人も多いですからね。

ですので、休みの日に意識してみる、という程度でもいいと思います。
普段は全く運動しないよりは、運動をしていった方が、体重は落としていきやすいですから、時間がある時に体を動かしていくようにしましょう。


PR

ダイエット 運動 効果的

ダイエットの運動を効果的にするなら、ストレッチと筋トレも行っていくようにしましょう。

ダイエット用の運動は有酸素運動になります。
有酸素運動を行って、体に酸素を巡らせていくことで脂肪を燃やしていくことが出来ます。

ですので、基本的には有酸素運動を行いつつ、一日の摂取カロリーを調整していくことが出来れば、体重は落としていけます。

その有酸素運動の効果はストレッチと筋トレを行うことで、より効果的にしていくことが出来るのです。

ストレッチは起きたあと、寝る前などに軽くしていくだけでもいいのですね。
そして、筋トレも普段から行っていると、筋肉量を増やすことが出来るので、脂肪を燃やしやすくしていってくれます。

そのストレッチと筋トレを有酸素運動前に行っていってみましょう。

ストレッチを行うことで血行を良くすることが出来ます。
そして、筋トレを行うと成長ホルモンが分泌されるのですが、このホルモンは脂肪を分解する働きをしてくれます。
有酸素運動前に、筋トレを行うことが出来れば、効率よく脂肪を燃やしていきやすく出来るのです。

理想は『ストレッチ→筋トレ→ストレッチ→有酸素運動』です。
これで、効率よく脂肪を燃やしていくことが出来るので、ダイエット効果を高めていくことが出来ますよ。


ダイエット 運動 器具

ダイエット用の運動を器具を使って行っていくのもおすすめです。
運動もしやすくなりますから、自分で思っているよりも運動量を増やすことも出来るかもしれませんよ。

器具、というと大袈裟に感じるかもしれませんが、例えば縄跳び用の縄だって器具とも言えます。
そう考えると、簡単に手に入るものもありますし、自分が行いやすい、手に入りやすい器具から始めてみるのもいいのではないでしょうか。
縄跳びなら100均で売っていたと思いますし、私は腰周りを痩せさせたくてフラフープを買いましたよ。
ちょっと場所は取りますが、慣れれば意識しなくても長時間の運動も出来ますからおすすめです。

また、少しレベルを上げて、本格的に行うのであれば、ワンダーコアなんかも人気のあるダイエット器具のようです。
CMも有名でしたし、名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。
腹筋用のイメージがありますが、他の場所の筋トレにも使えますので利用者が多いみたいですね。
保管には困らないとは思いますが、トレーニング用の場所が必要になりますし、縄跳びに比べたらお金も掛かります。

場所やお財布と相談して無理の無い範囲で購入していくのもいいのではないでしょうか。
ジムと一緒で「お金を出した分はやるぞ!」という気持ちになって、ダイエットを成功させられるかもしれませんよ。


ダイエット 運動 ジム

ジムに行って運動をしていけば、ダイエットはスムーズに進んでいくと思いますよ。
運動が苦手な人の中で、「自分で運動をする」という意識を継続させていきにくい人にはおすすめですね。

ジムに通うことで、まずは周囲の人の目があります。
体力作りのために通っている人も勿論いると思いますが、中には同じようにダイエットのために通っている人もいるはずです。

「あの人も頑張っているんだから、自分も頑張ろう」という意識が湧いてきて、トレーニングを続けていけるのではないでしょうか。

また、私はどちらかというとこちらの意識が強かったのですが、「お金を払っているからやらねば」という意識もやる気に繋がりますよね。
ジムに通うには料金が発生します。
お金を払った分、通わないと勿体無いですし、効果が無かったら無駄な出費になってしまいます。
ジム費用だけじゃなくて、シューズやウェアの費用もありますしね。

ジムに通う、というのをどういう受け取り方をするかは人それぞれです。
中には「専門家の意見を聞きながら効率よく痩せていきたい」という人もいると思います。

上手く自分のダイエットを成功させていけるように利用していけるのがいいのではないでしょうか。


ダイエット 運動 お腹

お腹周りが気になる人のダイエット用の運動は

・腹筋
・腹式呼吸
・フラフープ

などを行っていってみるといいかと思いますよ。

お腹が出てしまう理由の一つは、筋力の低下であることが多いです。
内臓を支えていた筋力が低下してしまって、内臓が下に下がることでぽっこりとお腹が出てしまうのです。

ですので、腹筋を鍛えていくことで、お腹をまた引き締めていくことは可能です。

腹筋がいいのは言われなくても分かっていると思いますが、それなら日頃から腹式呼吸も取り入れてみるといいと思いますよ。
鼻から吸って口から吐き出すだけでも、インナーマッスルを鍛えられるのです。
その際、腹筋をしっかり意識していくことが大切です。
そうすると、結構大変だったりするので、おすすめです。

また、お腹を引き締めるのはツイストも効果的です。
腹筋時も捻りを加えていくのもいいですし、フラフープを行ってみるのもいいですね。
場所は取りますが、100均で購入出来るものもありますから、やりやすいと思います。
慣れてくると、意識しなくても長時間回していることが出来たりしますから、良い運動にもなりますよ。

まずは、腹式呼吸から始めていって、お腹周りをスッキリさせていく準備を整えてみるのもいいのではないでしょうか。